膣トレは女性に幸せをもたらす

やればやっただけの効果がある。

Ami
Ami

男女関係が長く続くコツ

 水商売を経験してきて言えるのは、浮気心が全然ない男なんていないと思います。常に旦那や彼氏の浮気を疑ってかかるのも一つの考え方です。しかしながら一般的に男性は縛られるのを好みませんので、過剰な束縛は逆に破綻を招きます。ちょっとしたことに一々反応するのはよくありません。自動車のハンドルに一定の遊び(わずかな操作では反応しない部分)が必要なのと一緒ですね。心に余裕を持つことは男女関係の安定につながります。

女磨きは幸せな家庭につながる。

Bunny
Bunny

 私の場合、旦那の浮気のチェックは厳しく怠りませんが、同時に自分磨きも一生懸命やります。肌の手入れはもちろんのこと後述する「膣トレーニング」で女性としての自信が持てると、心に余裕ができてきて何か起きても平常心で対応することができます。例えば旦那の出張が妙に頻繁であっても心にさざ波が立たずに気持ちよく送り出し、自然なタイミングで牽制球を入れる感じの機転もきくようになります。たとえ連絡なく帰宅が遅くても「責めの波動がない癒しの空間」を演出する余裕すら生まれてきます。
 男性から見ると30歳を過ぎた女性は「熟女」という分類に入るようです。つまり肉体的には段々年寄り扱いされていくということ。年齢に合った魅力を重ねつつも、若々しさも保たなければなりません。膣の締りはセックスということよりも「女性の若さのシンボル」みたいなものなので、トレーニングを続けていくことで充実感と心のゆとりが出てきます。更年期以降の人生にも影響するのかもしれませんね。

膣の締りは回復できる。

フェミフィットで若返る
フェミフィットで若返る

 「女の又の力」と書いて”努力の「努」という漢字”はこのことを言うのでしょうか。努力によって膣の締まりは良くなります。具体的には膣ボールといわれる球体やバーベル状の物を膣に入れたまま保持したり締め付けたりすることで、膣の締りがある程度回復できます。個人差はありますが私の場合、三度の出産でユルユルになったのが膣トレを継続することにより、現在は出産前よりも良く締まるようになりました。たとえ一日5分間でも、膣トレーニングは欠かさず継続することが効果が現れるコツだと思います。

成果はオーガズムにも現れることがある。

 膣トレを始めて8ヶ月ぐらいでイキやすくなりました。実際のオーガズムのときはぐんぐんイク感じで、旦那からも「イクときの締りが最高で、凄く良かった!」と言われました。成果がはっきり出たので、さらに頑張りたくなりました。

器具の選び方

シマルッチ
シマルッチ

 膣トレの器具の選び方は重要で、長く続けるために難易度が低いところから始めていくと良いと思います。現在市販されているものの中ではAmiという器具が段階に合わせてできるのでオススメです。また、フェミフィットというディルド形状のトレーニング器具は簡単に抜け落ちてしまうことがないので万人向きです。それに解説書が充実しているので初めてでも取っ掛かりやすいと思います。他にはBunnyから始めて、ラブパールファッジデザインに進むのも良いと思います。
 さらに上を目指す方は金属製のバーベル型のトレーニング器具をオススメします。現在、私がチャレンジ中なのがシマルッチシマルッチミニベティーズバーベルという器具でそれぞれけっこうな重量があります。抜けないように締める達成感が心地よいですね。

フェミメイト
フェミメイト

長く続けるために、お役立ちアイテム
スマホと連動⇒結果が綺麗なグラフ表示

 前述のとおり継続するのが理想ですが、長く続ける自信がないときにおススメなのがフェミメイトというスマホアプリと連動する膣トレアイテムです。膣トレをいざやってみると、本当にトレーニングが効いているのか不安になることがあります。私自身が実戦で「良かったよ」と言われるまではモチベーション上げるのに苦労しました。膣圧計で計測して記録を取ろうかと思ったこともありましたが、現在はトレーニング中の締りを自動計測&グラフ化してくれる便利な膣トレアイテムがあるんですね。それがフェミメイトです。
 自動計測&グラフ化と言っても基礎体温計のようなちゃちなものではありません。膣圧を感じ取ったフェミメイトから計測データをスマホに送ってアプリで綺麗に表示させます。接続はBluetoothなのでケーブル等は一切使わない無線接続です。スマホで管理するのでエクササイズ結果や履歴が保存できグラフも見やすいです。
※一応、スマホやアプリを使わない単体でトレーニングすることも可能です。

私の体験

 私はフェミメイトでトレーニングするというよりは、記録のグラフ化に関心があったこととモチベーションを持続する意味で購入しました。トレーニングは今まで使っていたもので行い、最後の数分間はフェミメイトのエクササイズプログラムを実践することで膣トレの成果を記録していきます。このアイテムを使いモチベーションを高めながら膣トレを継続していけば、きっと素晴らしい結果がグラフに現れることと思いますよ。
 スマホを日頃使っている人なら簡単だと思いますが、そうでない方でもわかるように使い方のガイドが付いています。こちらをみると概要が書いてあります。

オナニーやエッチにも使えます。

 オマケ程度と思っていたら意外に気持ち良かったのがオナニーモード機能。正式にはプレジャーモードと呼んでいます。このアイテムは膣奥にハマるディルドの部分を振動させられるのです。それも強弱や速度をスマホで設定できるのでちょっとした遠隔バイブみたいです。信頼できる(スマホを預けてもよい間柄の)パートナーに渡せば、エッチなプレイが楽しめることと思います。

page top