痴漢は女性の敵

痴漢とはどういうものか

旦那がダウンロードした右の動画を見ていたら「私もそういえば痴漢されたことがあったっけ」と思い、自分自身の記録のため過去の1ページとして留めておこうと思い記事にしました。
 もしかすると自慢話と受け止める方がいるかもしれませんが、そういう気持ちで書いてはいません。そう思われてしまうと私に興味がある方でない限り、見てもしょうがないと思うのでスルーしてください。ただし内容的には痴漢撃退法なので、女性であれば一通り見ておいて損はないでしょう。

貴女の身近にいる痴漢予備軍

痴漢はある日突然現れる。

 痴漢に遭いたくないのに遭ってしまうことがあります。痴漢も程度が軽いものから明らかに犯罪っぽいものまで様々。私自身は「男はみんな痴漢予備軍」と思って日々暮らしています。世の中に性に一切興味がないような聖人君子はいないと思います。私の体験をいくつか挙げてみたいと思います。

ラジオ体操事件

 中学2年生の夏休みに近所の人から頼まれて「ラジオ体操係」を1日だけしたことがありました。公園に行ってみたら小学生は3人だけでお爺さんが10人も来ていました。「前に出てみんなと向かい合う形」で体操するように言われてそのとおりしたのですが・・・ お爺さんたちの目つきが変で、体操するふりをして私の股間とか胸ばかりガン見しているので怖くなりました。当時の私はオッパイが少しずつ膨らみお尻のラインや体つきにメリハリが出始めていた頃で、学校でもちょっとした視線は感じていました。ホットパンツ&Tシャツだったからでしょうか・・・。でもあんなにじろじろ見られたのは初めてです。こういうのは犯罪に当たらないと思いますが、痴漢の一種には違いないと思うのです。
貴女ならどう思われますか?

授業でセクハラ

 高校生になると急に、周りの男性の私を見る目が違ってきました。中学の頃はブラのホックをはずされたりすることはありましたが、目つきはイタズラっぽいものでした。それが高校では目を細めてネットリというか・・・ 部活や体育の授業に限らず普通に制服を着ているときでもいつでもお尻や胸を見られているんです。男子生徒だけじゃありませんよ。むしろ同級生とかよりも先生のほうがずっといやらしい視線で女子の身体を舐めまわすように見ていましたね。職員室に入っていくといきなり視線がオッパイやアソコばかりにいくので、見られているというより触れられているようで悪寒がしてきます。
 中でも50代の数学の先生は証明問題とか長い計算とか時間が掛かる問題を、わざと毎回女子を前に立たせて回答させるのです。女子がお尻を向けて黒板に答を書いている間の顔がとにかくいやらしい。鼻の下を伸ばしてまるで犯すようなエッチな目つきで視点を動かし舌をペロペロ出しているときもありました。女の子の中で5回に1回くらい私を指名してくるので、それが嫌で早退したこともありました。
 体育の授業では毎回ストレッチや柔軟体操をさせられるのですが、同性同士二人ずつ組んで行います。男女それぞれ余りが出た場合は1組だけ異性同士、男子も女子も欠席がなければ女子が1人余るので先生(男性)と組む羽目になります。女子はみんなそれが嫌で事前に誰が余りを引き受けるかジャンケンで決めておくのです。たまたま私が当たって先生と組んだ時になぜか変なポーズがメニューに加わりました。両足を開脚したまま向かい合わせになって、股関節を開きながら段々お互いの距離を縮めていく・・・つまり股裂きをしながら最終的に性器を重ねあうポーズということになります。体育の先生ですから身体が軟らかく、私も身体は軟らかいので胸を合わせた形で股間が触れ合うという最悪のポーズになってしまいました。先生の服装がジャージなのでわかったことですが股間が硬くて大きくなっていました。

体操部事件

 同級生のH子は男子にモテる綺麗な子でした。彼女が所属していた体操部の顧問がとても女好きの教師でH子にぞっこんでした。女性の専属コーチが指導しているのに自ら練習を見にきて、やたらと肩・背中や腰の上辺りをポンポン触れたがるのです。H子が休みだと機嫌が悪くすぐ帰ります。H子がレギュラーに決まった途端に予定していたレオタードを真っ白で装飾があまり施されていないものに変えたそうです。H子はとても色白なので実際に着てみると遠目から全裸に見えなくもありません。練習の後いつも椅子に座ってその前にH子を立たせて、股間や胸をじろじろ眺めながら10分くらい話をするのだそうです。

陸上部事件

 高校には陸上部が一応あったのですが、休止状態で専属の部員はいません。大会1か月前より各部選抜の混合チームが編成されます。陸上のユニフォームって意外に露出が多くて、特に我が校のはパッと見がスポーツブラとパンティ姿みたいです。女子バスケ部所属の私も混合チームのメンバーだったのですが、その中にエッチな先輩がいてたいへんでした。その先輩は男子バスケ部でいつも女子が練習するのをチラチラ眺めている女ったらしの副部長です。何かというと練習を口実にツーショットになりたがり、私の身体をじろじろ見たり馴れ馴れしく身体に触れるんです。生理の日やボディサイズを探っているようでそういう話題ばかりしてきます。ポーチを勝手に開けられたので怒ったら「減るもんじゃないからいいだろう!」と逆切れして押し倒され胸を揉まれたので蹴飛ばして逃げました。その後先輩が謝ってきましたが、「許さない」と告げて選抜チームも辞退しました。

痴漢が嫌う魔法の呪文

 10代・20代の頃は電車に乗っていて痴漢には数えきれないくらい遭いました。私服でも制服でも狙われました。はじめに手の甲でお尻を触って何もしないでいると段々エスカレートします。混みあっているとどさくさに紛れて大胆なことをしてきます。スカート捲られてパンティ越しに触ってきたり、股間をお尻に押し当てて後ろでハァハァ言ってきたりすることもありました。痴漢に遭った時は相手に聞こえるような声で「警察、警察・・・」と繰り返しつぶやくようにしています。ほとんどの痴漢はこれで離れていくので魔法の呪文みたいですね。しつこい場合、ケータイを取り出して写真を撮るとすぐに離れます。

スカートの中を覗きたがる男

 電車が空いているとき短いスカート履いていると、ちょうど向かい側に男性が座ることがよくありました。他に席がたくさん空いているのにもかかわらず…。そういう男って十中八九は目をつぶったふりで薄目を開けてスカートの中を見ようとします。眠ったふりして低い姿勢から覗こうとしたり・・・しつこいときは別の車両に移ることにしています。

映画館の恐怖

 社会人になって映画にはまっていた時期がありました。映画マニアの彼氏に連れて行ってもらったのがきっかけですが、別れてからも独りで映画館のはしごをしていました。チェーン店みたいなセキュリティが万全の映画館では考えられないことですが、お客が入らない地方の古びた映画館にたまたま行ったときに痴漢に遭いました。
 何と二人組の男が両脇に座り太ももを撫でまわしてくるのです。男一人なら撃退するのですが、男二人(それも外人みたいに大柄)となると怖くて声が出せずに言いなりになってしまいました。私の左右の手を両脇からそれぞれが強い力でつかんで抵抗を封じ、ブラジャーを外され二人がかりでオッパイを荒々しく揉みまくられました。左右から乳首を摘ままれピンピンになってきたところで、今度はパンティに手を入れクリトリスや膣口を探られ気が付くとグッショリ濡れていました。すると太い指がヌルッと入ってきてクチュクチュ音がするくらい中を掻き回されました。二人の男に代わる代わる性器を弄られ体中を愛撫され、やっとの思いで声を振り絞って「やめてください!」と叫んだらそそくさと立ち去りました。それ以来、映画館には行かなくなりました。

痴漢撃退法

マニアックローション〜尿〜
マニアックローション〜尿〜

 痴漢でも”お尻触ってお終い”程度ならまだマシですが、強姦みたいなケースに発展するのが恐ろしいですね。女の子同士で話すと「護身術」が話題になります。護身術は相手が強ければ役に立ちません。
 私は映画館事件のあと、あるものを持ち歩くようになりました。それはウンコとおしっこを混ぜたものを100円ショップで見つけた200ccのボトル容器に詰めたものです。いざというときはふたを外し自分の顔に塗りたくります。実戦でそれを使う場面はなかったのですが、かなり有効だと思われます。その後「うんち香水」というウンコの臭いに似た強烈な香水を見つけて、これも持ち歩くようになりました。犯人に臭いが付くと後々まで残り、検挙につながる確率が高くなると思われます。ただし、現在はうんち香水を販売しているお店はないようです。
 市販されている香水で不快感のあるものを探すと行きつけのネットショップで売られていたマニアックローション〜尿〜というボトル入りの臭い付ローションがありました。ただ、本物の糞尿のほうが明らかに不快感が強いと思います。


page top